小倉織 縞縞<shima-shima>New Style 小倉織

小倉織 「縞縞」
fico-onweb(フィーコオンウェブ)トップページへ
縞縞:小倉織[風呂敷] 縞縞:小倉織[あづま袋] 縞縞:小倉織[シンプルバッグ] 縞縞:小倉織[扇子] 縞縞:小倉織[Dバッグ] 縞縞:小倉織[ギフトセット]

「包む」、「敷く」、「巻く」が美しい、縞縞の風呂敷。

 風呂敷は今、結びを変えるだけでどんなものにも形が変わる万能布として、エコ&おしゃれアイテムとして脚光を浴びています。

 風呂敷は包み物、様々な形のバッグへはもちろん、特に納まりの悪い立体物などを包むのが得意。

 縞縞直営ショップでもプレゼント買いが多い風呂敷。交差する縞縞のストライプを目で楽しみながら、古から伝わる“日本の美”をあなたのセンスで活かしてください。

大きいから、使い方様々に。

 当店でも人気の高い風呂敷ですが、お客様のご要望などから、今回の縞縞ページのリニューアルを機会に、より大きい風呂敷へと変更させていただきました。 なかでもご要望の大きかったのは「敷き布」。ficoでは 従来掲載していたものよりも30センチ程度大きい「大風呂敷」をご案内。

 詳細のページでもご案内しておりますが、布地が大判になったことで「包む」、「敷く」が最大限活用いただけるようになりました。

 縞縞の上質な布地は手触りも大変よく、年齢を問わずにお使いいただける織生地です。プレゼント品としてとても人気があります。

気軽に使える、和ココロたっぷりなバッグ。

 風呂敷を袋状にしたような、あづま袋。
風呂敷ほどにアレンジは利かないものの、取り出してすぐに使える利便性はあづま袋ならでは。

 使い方もカンタン、モノを入れて最後にミミの部分をしばって、できあがり。結ぶ高さを調整すれば、入れるモノの大きさに合わせたり、肩に通す「腕通し」も作れて、キレイな形をキープできます。

 とても手軽で、エコバッグにも、お弁当入れのサブバッグにも使える、風呂敷に続く、和ココロが楽しめる万能バッグです。

いつでも大活躍、だから手放せない!

 あづま袋はちょっとした荷物を運ぶ手提げとしてお使い
いただくほかにも、バッグにたたんで入れておいて、サブバッグとしてもお使いいただけるため、日常の様々なシーンで大活躍。

 とても利用のし甲斐があるので、ご自身用以外にも、手頃な価格は
ちょっとしたプレゼント使いにも人気があります。

 和スタイルのバッグも縞縞のストライプでモダンに。
様々なシーンでご活用ください。

縞縞直営店で人気No.1!の、そのヒミツ。

 縞縞直営店でNo.1の人気を誇るシンプルバッグ。
ストライプがとにかくスタイリッシュ。どことなく柔らかなフォルムながらも、ストライプ模様が全体をキュッと引き締めていて、どこへでも持っていきたくなりますね。

  このシンプルバッグの特徴はなんと言っても口の広さ。モノが入れやすく、しかも持った時は中身が落ちにくいよう持ち手位置がバッグの中心ではなく、両端についています。

 また、肩から掛けられるようにもち手が長くなったタイプも新たに登場し、人気がさらに広がりそうです!!

もうレジ袋はいらない!

 縞縞を代表するアイテムへと成長したシンプルバッグ。
使いたいときにバッグから出して使えるサブバッグとして、エコバッグでデパートにいくことができなくても、このシンプルバッグならなんの気兼ねもなく、「私を見て!」と言いたくなるほどのルックスに手放せなくなってしまいます。
深みのあるバッグで開口部も広く、持ったときに折りヒダができるので、意外にも中身が見えにくいので安心ですね。

 このバッグでレジ袋とサヨナラ、しちゃいましょう!

ストライプの美しさが際立つアイテム。

 縞縞のストライプと、扇子の蛇腹折りとが相まって、とても面白い柄を作り出して、まさに縞縞の柄ならでは、に仕上がっています。

 縞縞のストライプ柄は男女を問わずお使いいただけます。事実、女性よりも男性からのご注文が多いアイテムです。
きわめてシンプルなデザインゆえに視線を奪うインパクトも備えた、大人デザインの扇子です。

“使う”アイテムから“魅せる”アイテムへ。

 扇子は日本を代表する理想的なアイテム。使いたいときにさっと出して、使い終わればバッグに場所をとらずに戻せますよね?近年のエコブームでこの扇子が大きく見直され、所有する価値観も多様化しています。

 単に使う道具としてだけでなく、見る人を魅了する縞縞の独特なストライプ。見れば見るほどに視線を釘付けにしてしまう魅力が縞縞にはあると思います。

 お求めは男性の方からが約6割と、男女を問わずに人気があるのも縞縞ならでは、かも知れませんね。

縞縞のストライプが生みだすモダン和スタイル。

 縞縞のストライプが冴えるバッグは、どんな服にも合わせやすく、年齢も問いません。普段着のままのいつも通りが、スマートでシャープな印象に変わります。

 持ち手にレザー調のソフトなハンドルを使ったものや、とてもタフな縞縞の生地を活かしたバッグなど、デイリーユースとしても安心感があります。

 縞縞のバッグ生地には防水の加工が施されています。
もちろん、口部分はファスナーやマグネットボタンを採用、しっかりとプライバシーを守ります。

独創的、でも女性らしい線が魅力のデザイン。

 Dバッグの特徴はこの独特のデザイン。
まるで2つのバッグを合わせたような、大胆なスタイル。

 2つのバッグが合わさることでポケットが増える、収納容量

    を確保しながらも、優美なラインを作ることができ、
       このDバッグが生まれました。

       チラリと見えるインナーのビビッドなカラー使いに     もデザイナーの意図が表れています。

    普段着にも、和装にも合わすことのできる、とても
   ユーザビリティの高いバッグです。

“気持ちを伝える・贈る”ギフト。

 縞縞の小倉織を身近に楽しんでもらうことの他に、「いいものを長く、大切に使う心」をギフトにしました。コラボレートするアイテムは古来より防虫効果があるとされている「くすのき」のカンフルオイルとオイルをしみこませて使う原木をセット。

 天然で、国産の安全なものを、使ってほしい心使いに加えて、縞縞のストライプを合わせて贈るセンスがこのギフトにはこめられています。出産祝いや父の日などにもいいですね。

あなたの衣類を、天然の香りが守ります。

 くすのきカンフルはその防虫効果の高さが立証されており、天然素材で人畜無害、衣類にもやさしいのが特徴。もちろん、正しくお使いいただくのが前提ですが、過去にもほとんど事故が起きていない、安心してお使いいただける天然防虫剤です。

 くすのきブロックも無垢材を使用しており、塗装は一切されていません。あなたのやさしさ、想う気持ちが伝わるギフトです。

使うほどに、見れば見るほどに。大胆で繊細な“縞縞”。

 時代が移り変わると共に、文化もかわり、流行るものもあれば、すたるものもあります。江戸時代に生まれ、日本全国区で人々に愛されてきた“小倉織”も、移りかわる時代の中で昭和初期に完全にこの世から消えてしまいます。

 時代は変わり、数少ない文献や僅かに残る古布を頼りに、小倉織に魅せられた染織家の築地則子氏の手により復活した小倉織を、さらにシンプル&モダンに洗練させた、「縞縞」ブランドも生まれました。

 先染めの、とても細い糸を使い、通常の3倍の密度で織られた生地は、現代の技術をもってしても大変困難なものでしたが、生まれた縞のコントラストには、他の織物に見られない凛とした風格さえ感じます。

フランスやイタリアの展示会でもそのテキスタイルデザインに高い評価を得た、小倉織 “縞縞” をご堪能ください。

ご注意:お使いのモニターによって色味が異なって見える場合があります。

fico-onweb(フィーコオンウェブ)トップページへ